会社概要

会社概要

私たち“陸友”のストーリーをお話しします。

1955年(昭和30年)、陸友モータースは西馬込の国道1号線沿いに誕生しました。

創業者は腕利きのメカニックとして知られていた柳喜平。
「当時の関東地区のハーレーはほとんど彼の手によって組み上げられた。」古くからのハーレー乗りに語り継がれている逸話です。

1916年(大正5年)に横浜で自転車屋の息子として誕生した柳喜平は、15歳の時モーターサイクルと出会いました。その後、陸王内燃機にテストライダーとして入社、戦時中は軍事生産ラインでエンジンに携わるようになります。

生来の器用さと粘り強さでメキメキとメカニックとしての腕を上げた柳喜平は、東洋モータースにメカニックとして移籍。多くのお客様から信頼を得ましたが、あえなくその東洋モータースが倒産。

その時、多くのライダー達から「今後も俺たちのバイクの面倒を見てほしい。」と懇願され、資金を出してもらい“合資会社”陸友モータースが誕生したのです。スタートが合資会社であった理由も、社名の由来が陸友なのも、資本を出し合ったのが「陸王友の会」の皆さんだからです。ライダー達とメカニックの情熱が“陸友”をこの世に誕生させてくれました。

こうして歴代社長全員がメカニックという“修理屋”陸友または“技術屋”陸友(現会長:織戸、社長:佐藤もメカニック)が生まれ、今に歴史を紡ぎます。

2017年 現在、創業62周年を迎える私たちは、大先輩から受け継いできた情熱と魂を忘れずに、スタッフ一丸となって多くのライダーの皆様に信頼と安心安全なハーレーダビッドソンライフをご提供できるよう走り続けています。


※陸王:1936年から1960年まで生産された国産ハーレーダビッドソン。